華子の知らない世界  

歴史も都市伝説も大好きな華子のブログです。

【きさらぎ駅】3人の男に出会った不思議世界 実在しない場所から生還した、はすみさんの話

f:id:hanakokagu:20200814122117j:plain

きさらぎ駅とは 

彼女の前に現れたのは3人の男達。

この出来事には欠かせない登場人物だ。

その夜 はすみさんは

新浜松駅(静岡県浜松市)で帰宅する為の、いつもの電車に乗った。

時刻は23:40。

乗り慣れている電車なのに何か変・・

やっと停車した駅がきさらぎ駅だった。 

彼女は自分に起きている不思議な現象を、リアルタイムで掲示板に書き込んだ。

それが出来事から15年たっても 関心を集めているきさらぎ駅の話である。

きさらぎ駅あらすじ

f:id:hanakokagu:20200814122131j:plain

2004年1月8日

その夜 はすみさんは、新浜松駅23:40発の電車に乗った。

いつもは数分で次の駅に到着するのに、なぜか20分たっても止まらない。

彼女の他に5人ほどの乗客達がいたが、全員が眠っている様にみえた。

不安になったはすみさんは、車掌さんに聞いてみようと 車掌室に向かうが ブラインドが下ろされていて中が見えなかった。

そのうち、電車が次の停車駅に停まった。はすみさんは、迷ったが降りる事にする。

見回すと駅の周辺は山と原っぱしか見えず、タクシーも見当たらない。

 迷っている間に、乗って来た電車が発車し彼女はひとり きさらぎ駅に取り残されてしまった。

誰も知らない駅

f:id:hanakokagu:20200814122103j:plain

はすみさんは、見た事も聞いた事もない深夜の無人の駅 きさらぎ駅にいた。

時刻は00:36分。 

仕方がないので彼女は自宅に電話をする。

家族の反応も彼女と同様 見た事も聞いた事もない駅だと言う。

「その駅を調べて迎えに行く。」と家族は言った。

 父親から電話が入る。

「調べたけど、どうしてもその駅が分からない。場所が不明だから110番に電話しなさい。」と。

ところが警察は、いたずら電話だと判断したのか叱られてしまった。

時刻は01:18分。

 

途方に暮れた彼女は、線路を歩いて帰宅する事にする。線路は続いている様なので、歩いて行けばどこかの駅に出るだろうと。

はすみさんはこれもリアルタイムで掲示板に書き込んでいる。

1人目の男

 

f:id:hanakokagu:20200814122047j:plain

 時刻は03:10分

 

ひとり線路を歩いて行くと、遠くで太鼓や鈴の音が聞こえて来た。その音ははすみさんに近づいて来る。

その時、後方から男性の声で話しかけられた。

「線路を歩いていたら危ないよ。」と。

はすみさんは駅員さん?!と思い振り向いたが、そうでは無かった。

片足のないお爺さんが立っていた。 

2人目の男

線路の先に「伊佐貫」と書かれたトンネルが現れる。進むしかない。

はすみさんがトンネルを抜けると、そこには2人目の男が立っていた。

彼女が事情を話すと、彼の車で近くの駅まで送ってくれると言う。そこにはビジネスホテルもあると。

彼に現在地を尋ねると「ここは、静岡県富士市の比奈」だと教えてくれた。

彼女驚いた。

帰宅の為に乗った新浜松駅は、この場所からは100kmは離れていたからだ。

 

はすみさんは覚悟を決めて車に乗り込んだ。

しかしその車の男は、段々と口数が減って 独り言を言い出す。

 

彼女の最後の書き込みがされた。

「携帯のバッテリーが無くなりそうです。隙を見て逃げようと思います。これで最後の書き込みにします。」

 時刻は03:44分

これを最後に彼女の行方は分からなくなった。

f:id:hanakokagu:20200814122117j:plain

7年後のはすみさんと3人目の男

 書き込みから7年たった2011年4月。

ある掲示板にはすみさんらしき人物の書き込みがあった。

そこには、彼女が2人目の男の車に乗った後の出来事が書かれていた。

 

駅まで送ってくれるはずの男の車は、森の中で停車した。

すると、正面に光が現れて 3人目の男が車に向かって歩いて来た。

その瞬間、車に衝撃が走って運転席の男が消えてしまう。

 

3人目の男は、はすみさんにこう言った。

「運転手は消した。光の方へ早く逃げなさい。」と。

彼女は恐怖のあまり泣きながら走った。

 

次に目を開けると、自宅の最寄り駅にいた。両親が車の中からはすみさんを呼んでいた。

2004年に 新浜松駅から電車に乗った時から7年が経過していた。

この間の記憶は全くない。 

きさらぎ駅の場所はどこ?

f:id:hanakokagu:20200814122047j:plain

 きさらぎ駅の場所は、静岡県富士市比奈ではないか?2人目の男が教えてくれた場所がヒントになるかな?と思う。

きさらぎ駅の隣駅は「やみ駅」「かたす駅」とも言われる。

これらは

古事記に記述されている海の底にある死後の世界の名前だ。何かの暗示だろうか?

 

【100年ごと】世界的な大流行

100年ごとに来る大流行

f:id:hanakokagu:20200401234221p:plain

出典  Wikipedia

 

 

 新型コロナウイルスが猛威をふるっております。

歴史的にみますと、数字の不思議な法則があります。

 

【2020年】

新型コロナウイルス

【1918年】

スペイン風邪

【1820年】

コレラ

【1720年】

ペスト

 

 100年ごとに大流行が起こっています。

人類が勝った天然痘

f:id:hanakokagu:20200401235442p:plain

出典 Wikipedia

感染症を発生させたウイルスで人類が完全に勝ったのは、天然痘だけだとも言われています。

フランスのルイ15世も犠牲になりました。

【ペスト】

黒死病とも言われるペストは、複数回の世界的大流行が記録されています。

19世紀末に北里柴三郎氏によって原因がつきとめられ、劇的な現象をみました。

ですが、感染は続いており2000年代の今も発病が確認されています。

【コレラ】

重篤になると1時間の間に1リットルの体内の水分が失われる病気です。

ところが不思議と腹痛がないそうです。

お水が原因であるとつきとめられ、劇的に減りました。

 

現在でも発展途上国では発病しています。

f:id:hanakokagu:20200402000637p:plain

【スペイン風邪】

 スペイン風邪はインフルエンザです。

記録に残る人類最初のインフルエンザの大流行が、このスペイン風邪でした。

日本でも大流行し 大山捨松さんも犠牲になりました。

 

大山捨松さんは、岩倉使節団に同行し渡米した女子留学生のおひとりです。

帰国後は大山巌と結婚し鹿鳴館の花と称されました。

f:id:hanakokagu:20200402001847p:plain

 出典  Wikipedia

 

偶然なのでしょうか?100年ごとの世界的な大流行。

 ↓の写真は日本のスペイン風邪の頃のものです。

 

他人とは1.2メートル離れる事。

マスクをする事など、予防指南がされました。 

出典  Wikipedia

 

地球人は宇宙人アヌンナキに作られたの?

f:id:hanakokagu:20200318154613j:plain

出典 Wikipedia

 

宇宙人が日本人も作った説

 有名なダーウィンの進化論。

人類の進化を説明できていない事も事実です。

 彼自身でさえも

人類は進化論に当てはまらず、と言っています。

 では、どうやって人間は生まれたの???

日本人はどうやって生まれたの?

そこで、台頭してきたのは宇宙人介入説です。

宇宙人アヌンナキ

f:id:hanakokagu:20200318161630j:plain

出典 Disclose

 人間を作ったのはアヌンナキと言う宇宙人ではないか?との説があります。

 シュメール文明の粘土板の文字を解読したのはセガリア・シッチン。

そこに書かれていたのは、宇宙人との深い縁を思わせるものでした。

 

アヌンナキとはどのような存在なのでしょうか?

 天から降り立った人々の意味を持つ彼らは、30万年前に人類を作ったと言われています。

 

身長3~10m。

寿命は数十万年!

 NASAが9個目の惑星の存在の可能性を示しているのですが

一説では、それがニビル星では?!と言われています。 

f:id:hanakokagu:20200318172736j:plain

出典 Wikipedia

人間を作った目的 

惑星ニビルは、太陽系の中にあると言われているアヌンナキの故郷です。

地球の5倍の大きさを持ち、質量は25倍と言われています。

 彼らの文明は地球よりも遥かに進んでいて、私達人類が地球に発生する以前には

既にUFOで地球に降り立ったそうです。

 

惑星ニビルでは争いによりオゾン層が破壊され、金(ゴールド)のナノ粒子を使い修復していました。

 

けれど、絶対的に金が不足していたので 地球に資源を求めて来たと言うのです。

 今から44万年前頃に地球に降り立ったアヌンナキ達は、金の発掘作業要員として

人間を創造しました。

 

彼らは猿人をアヌンナキのDNAで操作し、現在の人間を作り出した!

 宇宙人アヌンナキ達は、他にも作り出したものがあります。

 

A.レプティリアン

B.シュメール文明

C神の存在 

レプティリアン

レプティリアンは、人類よりも先に彼らによって作られた爬虫類型の生き物です。

爬虫類+アヌンナキが、レプティリアン。

猿人+アヌンナキが人類。

 

レプティリアン達は性格が激しくて扱いにくかった為、人類を作ったそうです。 

f:id:hanakokagu:20200318172223j:plain

出典  Wikipedia

シュメール文明

この文明は、不思議な一面を持ちます。

まず、シュメール文明の前に「基礎」となる文明の存在がない。

 

 つまり、いきなり現れた高度な文明なのです。

 それは、まるで遠い宇宙からUFOに乗って宇宙人達がやって来たかのようなのです。

神の存在

アヌンナキ達は、支配力を持つ為に神として君臨したのでは?との説があります。

 

彼らは社会をまとめる為に、高度な技術を使い人々を神のチカラだとアピールしたのかも知れません。

 世界各地に存在するオーパーツは、彼らが残したものかも?!

 シュメールの最高神の名前はアヌと言います。

f:id:hanakokagu:20200318172214j:plain

出典  Wikipedia

アヌンナキの末裔が存在

血液型のRH+ RH− は

猿人が持っていたとされる抗原が白血球にあるかないかで判断されるそうです。

 猿人+アヌンナキ=人類 だと言われます。

RH−は、全人類の中に15パーセントしかいません。

 

RH−の血液型を持つ有名人は

ケネディ ブッシュ アイゼンハワー ニクソン オバマ トランプ

 

凄いメンバーです。

7万人が目撃!!ファティマ第3の予言は宇宙人が関係するのか?

聖母マリアの出現

ファティマ第3の予言

出典 Wikipedia

 ポルトガルの小さな村ファティマで起きたその出来事は

1916年から始まりました。

 

この村に住むルシア・フランシスコ・ジャシンタの3人の子供達は

15歳くらいの若者の天使と出会います。

その後も天使は彼らの前にやって来て

1917年5月13日、ついに聖母マリアが現れました。

予言とお告げ

ファティマ第3の予言

 

出典 Wikipedia

★上の写真は7万人の観衆の前に、最後に聖母マリアが現れた時の実際の
写真。

 

聖母マリアは3人に予言やお告げをします。

①第1次世界大戦の終結

②大きな不幸の前、神の警告があるだろう

③秘密とされている

 

ルシアは修道女となり、第3の予言をローマ教皇に伝えました。

2005年2月13日の97歳で天に召されています。

 

第3の予言が何故秘密なのか?

1960年に衝撃的な内容を知った当時のローマ教皇は、その場で卒倒したと言います。

そしてその内容を公にする事を厳しく禁止しました。

2000年になって、バチカン法王庁はファティマ第3の予言を公開しました。

ところがその内容は、教皇卒倒したと思えるほどのものではなかったのです。

この事から、納得する者は少なく隠ぺいが行われたとの憶測が飛び交いました。

 

宇宙人が人間を作ったのか

ファティマ第3の予言

 

出典 Wikipedia

聖母マリアの出現を報じる新聞記事

真実の内容は何だったのか?

あくまで説、です。

★人間の起源は、神がお作りになったのではなく宇宙からやってきた何者かに作られた説。

★第3次世界大戦

この2つが有力と言われています。

実は、姿を現した聖母マリアが宇宙人だったのではないか?とも言われています。

その理由は

★私達が何処から来て何者であるか、1960年にならないと理解出来ないでしょう、と言っていること。

キリスト教の絵画には宇宙船UFOとしか思えない物が描かれていること。

聖母マリアが宇宙人ならば、その子であるキリストも宇宙人ということ。

7万人が見た聖母マリアの奇跡

聖母マリアは合計7回出現したと言われています。

最後に現れた10月13日は、小雨が降る日でした。

集まった人々は、7万人。

その7万人の前で不思議な光景が繰り広げられます。

太陽が異常な回転を見せ、矢の様な光を放射し 

乱舞するかのように太陽は地表に急降下したり上昇したりしたと言います。

それは10分もの間!

この出来事で興味深いのは、聖母マリア出現に対し懐疑的な人々も目撃している事です。

そして日本国内の新聞でも、記事となって報道されました。

 

教皇が卒倒した内容、私は人類は宇宙人が作った説だと勝手に信じています。

バレンタインデーとセクハラパワハラ?職場で注意するべき暗黙の了解とは。

バレンタインデーとセクハラ・パワハラ

バレンタインデー

バレンタインデーをよろしくないものとして禁止している国もあるそうです。

日本のバレンタインデーは、好きな人への告白から自分へのご褒美チョコへと変化があったり、柔軟なんだな~なんて思ったり。

 

職場内のバレンタインデーやホワイトデー、義理チョコがセクハラ・パワハラと見なされるケースがあるという点には注意です。

ホワイトデーとブラックデー

昭和50年1975年頃から定着してきた日本のバレンタインデー

昭和55年の1980年前後には

ホワイトデー&義理チョコの登場!!!

 

日本発祥とされるホワイトデーは東アジア各国にも広がったそうです。

韓国では

★2月14日はバレンタインデー

★3月14日はホワイトデー

★4月14日


バレンタインデーとホワイトデーの両日にハズシちゃた男女が、黒い物を

飲べるブラックデーが訪れるそうです。

4月14日ブラックデー

そこで出会いがある~なんて話もあります。

バレンタインデー
年間のチョコレート総消費量の2割が集中するというバレンタインデー

日本のチョコレート年間消費量は世界第10位以下?!

チョコレート大好きな皆さんは、ドイツ、スイス、イギリスとヨーロッパ勢が多いみたいです。

 

【都市伝説】中学生がつかまえたUFO【介良事件とは】

介良事件とは

UFOをつかまえた! 
 
 昭和47年1972年の8月25日の事。
高知県高知市介良で、当時の中学生2人がUFOらしきものを発見しました。
 
それは帰宅途中の夕方、田んぼの上をふわふわと飛んでいたと言います。
中学生が捕まえられるくらいの低空飛行だったのです。
 
何回か目撃していた9月の中頃その中のひとりがUFOを捕まえて自宅に持って帰ります。

介良事件

出典 UFO事件簿

少年達とUFO

UFOで実験してみる

 
 少年達がつかまえたUFOは、10~20センチくらいの丸い円盤でした。
アルミ製の灰皿に良く似ていました。
 
そのUFOは、底に何個かのホールはあり虫メガネで除くと小さな機械の部品の様な物が見えたそうです。
少年達は男の子らしい好奇心で、無茶をします。

UFOを叩いてみたり、中にお水を入れようとしたり。
振ってみると怪しげな音もしたと言います。

介良事件

出典 UFO事件簿
ところがそれは、つかまえる度に気がつくと消えてしまう・・
消えるとまた、田んぼに戻っていたそうです。
 
捕まえる、消える、また捕まえる。
袋に入れて封をしても、バッグに入れてちゃんと閉めても何故かUFOは逃げてしまう。
 
何回かそれを繰り返していた9月29日を最後に、UFOらしきものは完全に消えてしまいました。
 
これが、介良事件と呼ばれる出来事です。

UFO写真

田んぼにいるUFO約5mの近さから写した写真があります。調査の結果、この写真は本物であると証明されています。

介良事件

 出典 UFO事件簿
 
甲府事件と共に日本のUFO事件として有名です。

こちらは、UFOから出て来た宇宙人に少年が肩を叩かれた事件です。

両親や他の大人達の目撃談も複数ある事から、その信ぴょう性は高いと言われています。
 
甲府事件のUFOは、介良事件のものとは違い宇宙人が降りてきました。
大きさも格段と違っていたようです。

【タイムトラベル】アントワネットと目が合った!庭園での不思議な出来事

アントワネットを見た寮長達

マリーアントワネット

タイムトラベルした体験談は多くありますが、最も有名と言えるお話です。

2人の女性達がイギリスからフランスに旅行に出かけました。

ひとりは、シャーロット・アン・モーバリー。オックスフォード大学の女子寮で最初の寮長を務めています。

もうひとりは、エリノア・ジュールダン。前出したモーバリーの後を継いで寮長になります。

2人はヴェルサイユで体験した出来事を本にしています。

8月10日に起きた事

プチトリアノン宮殿

1901年8月10日、ふたりはヴェルサイユ宮殿を巡った夕方4時頃プチ・トリアノン宮殿に向かいました。

プチ・トリアノン宮殿とは、マリー・アントワネットがプライベートな時間を得る為に好んだ小さな宮殿です。

贅沢で豪華な生活が伝えられるアントワネットですが、実は豪華なバラ模様よりも華憐な小花柄が好きだったとも

オーストリアの農村で出される郷土料理が好きだったとも言われています。

この宮殿は、ルイ15世がポンパドール夫人の為に建てその後デュバリー夫人に与えました。

その後

王位に就いたアントワネットの夫、ルイ16世がマリー・アントワネット贈りました。

 

モーバリー婦人とジュールダン婦人のふたりは、プチ・トリアノン宮殿に向かう途中迷子になってしまいました。

徒歩で30分以上かかる道を

プチ・トリアノン宮殿に入るはずの大きな通りを間違え、横道に入ってしまった様でした。

ふたりはお互いに言葉にしませんでしたが、胸騒ぎがする様などんよりした気分になっていたと言います。

モーバリー婦人は、窓越しホコリをはらっている家事をしている女性を見かけます。

同じ時ジュール婦人も使い古された農具が置かれたままの農家を見ていました。

そしてふたりは、2人の男性に出会います。

 

男性達はとても厳格な官吏の様な雰囲気で、言葉を発する事はなくジュスチャーで「このまま歩いて行きなさい。」と促したと言います。

何より不審に感じたのは男性二人の服装でした。

グリーンの上着、、3つの特徴のある飾りの付いた帽子。

それらは現代の物とは思えないものだったそうです。

彼らに促された通りに歩いて行くと、女性2人が立ち話しをしている光景に出会いました。

ですが、ジュール婦人は気が付きました。

その2人が全く動かない事に。

マリーアントワネット

2人の婦人は、迷いながらもプチ・トリアノンに到着します。

すると、天然痘にかかった痕跡のあるお顔の男性が庭に座っているのが見えました。

彼の表情は好意的ではなく、ふたりの婦人は怖くなり足早に通過します。

次に出会ったのは、背が高いハンサムな男性で

黒い髪を巻き大きな帽子をかぶっています。

おおげさとも感じるジェスチャーを交えながら彼は言ったそうです。

「そちらには行かない方が良いですよ。」と。

彼はこれ以上、庭には居ない方が良いと教えてくれた様でした。

そして、ふたりの婦人は目撃します。

 

「夏用の軽やかなドレスに白い帽子をかぶった貴婦人がスケッチをしていました。

時代を感じる服装でした。」

彼女達は、この不思議な体験を忘れる事は出来ませんでした。

その後、ふたりは歴史を調べます。

そして彼女達が宮殿を訪れた8月10日は、民衆にパリが包囲され王の護衛兵達に大きな

被害を出した日だったと知ります。

更に、好意的ではない視線を向けて来た男性の肖像画を発見します。

彼は、マリー・アントワネットの親友の一人でヴォードルイユ伯爵だったのです。

最後に出会った貴婦人がマリー・アントワネットであった事も絵画から確認したのでした。

不思議な体験

この様な不思議な体験をしたのは、ふたりの婦人以外にも度々報告されているそうです。

18世紀の服装をした人々に出会った、姿は見えないのにドレスの擦れる音が聞こえて来たと。

マリーアントワネット

同じ様な体験をした方は他にもいるそうです。

18世紀の豪華な服装をしてスケッチをしている女性に話しかけたら、奇妙なフランス語だったとか

その貴婦人に不思議そうに見返されたとか。

 

1928年にもイギリス人のふたりの女性達が同じ様な体験をしました。

彼女達は帰国後、モーバリーとジュールダンの書いた本を読み自分達の体験が幻ではなかったと知りました。

 

私がタイムトラベル?!と思った理由は、こちら側だけのアクションではなく相手側もこちらを見ていたという事です。

 

モーバリーとジュールダンが見た光景は勘違いであると唱える人も現れます。

「彼女達が訪れた時、グルフュール夫人が仮装パーティーを開いていた。それを見たのでしょう。」と。

それを信じた出版社が2人の著書を絶版にしてしまいます。

ところが・・そのパーティーは彼女達が不思議な体験をした7年も前の事だと分かりました。